代役・横山、今季初登板初勝利!

競り勝ち、敵地での巨人戦を2勝1敗で勝ち越し。巨人と並ぶ2位に浮上。「サンケイスポーツ」によると、
「今シーズン初登板でしたが、立ち上がりから緊張することもなく、冷静に投げることができました。梅野さんがうまく引っ張ってくれたので、5回まで最少失点で抑えることができました。3回に連続フォアボールが絡んで、失点してしまったことは反省点です」
と、横山。5回1失点で今季初勝利を挙げた。6安打を許しながらも、粘りの投球を披露し、インフルエンザを発症した藤浪の代役をしっかりと果たした。今後も、代役? ちょいと惜しいくらいの好投だった。6回から桑原、マテオ、ドリスとつなぎ逃げ切った。ドリスが、リーグ・トップの9セーブ目。

「投げ勝ったっていいますか、横山も5回1失点でしのいでくれて。今日は今日はもう総動員でいく予定だったので、中継ぎ、リリーフよく投げてくれました」
と、金本監督もうれしそうだった。また、打撃が下降気味の高山と中谷を入れ替え、しかも1番に置くと決断。試合開始からわずか1分。G倒の号砲が勢いよく鳴った。カウント2-0から、内海の3球目をとらえ、試合の流れをもってきたのは2年ぶりに1番に座った中谷だ。
「出たらアピールになると思っていました。よかったです。塁に出たら、後ろはすごい方ばかりです。塁に出ようという気持ちだけでした」
ファースト・ストライクを見逃さず、左翼線に鋭い打球が飛ぶ。大きなストライドで悠々二塁到達。一死後、糸井の一ゴロで三進し、福留の3試合連続となる先制打でホームイン。3回一死での第2打席、外角直球をコンパクトに中前へ。一死満塁の好機を演出し、福留の中犠飛で2点目のホームも踏んだ。

さて、その福留が先制適時打を放った。カウント1-1から、外角へのカットボールをとらえた。鋭いライナーで右前打となり、三塁走者が生還した。
「今日は若い横山が先発ですし、早い段階で点を取ってあげたかったので、先制のヒットを打つことができてよかったです」
と振り返った。さらに3回には、中犠飛で追加点を奪取。今カード6打点と、4番のバットで勝利を手繰り寄せた。
「打ったのは、ストレート。追加点のほしいなか、チャンスでまわってきた打席でした。犠牲フライなので、最低限です」
これで、今カード6打点目。勝負強さが光っている。

<巨人1-2阪神>◇23日◇東京ドーム

過去の試合;
● <巨人4-1阪神>◇22日◇東京ドーム

6連敗。また天敵にやられた。7回を4安打に封じられ、スコアボードには初回の福留の先制打による「1」が記されただけ。

「自分のエラーからはじまってね」
粘った能見は、1球に、1プレーに泣いた。焦りがわずかに制球を乱し、6回を2安打2失点(自責点1)。悔やまれる形で、今季2敗目を喫した。球児、遼馬、リリーフ陣が痛恨の追加点。

関連記事